私は映画が好きで
最近は少し控えめになったが
以前はとりつかれたように観まくっていた。
そんな中
全くと言っていいほどショクシの動かないのがアクションもので
その手のものはほとんど観なかったし、今でもそれは変わらない。
が、自分の好きな俳優が出ている時は別で
〈ザ・ロック〉も出演陣にひかれて観た数少ないアクションもの(?)だった。

そのラスト・シーンが大・大好きになった。
バックに流れる音楽にも一目惚れ(一聞き惚れ?)で
即サントラ盤を買いに行ったほどだ。
先日久々に〈ザ・ロック〉を観た。
やっぱりいいなぁ・・と改めて思った。
何度も何度も繰り返しラスト・シーンを観てしまった。

舞台も映画も総合芸術の代名詞みたいなものだが
そのシーンを創りあげるあらゆるものの呼吸がひとつになった時
そこから生まれるパワーは計り知れない「何か」になる。
こうだ、ああだ、の理屈をぶっちぎりで突き放して
〈いいなぁ・・〉という感覚だけが体に染み入ってくる。

さて現実に戻り
ハタと自らをかえりみれば
そんな舞台、いつ創れるのやら・・といったところだが
ま、とりあえず〈ザ・ロック〉
チャンスがあったら観てみてください。
涙・涙の大感動・・・、っていうんじゃないけれど
ラスト・シーン(に限らず)、いいっすよ

カテゴリー:ブログ | コメント(0)