公平であり平等である、ということはつまり
味方ではない、ということだ。
刹那的な身贔屓はいただけないが
自己顕示や自己保身と紙一重のような
シタリ顔の客観性は
わかりやすいカタキよりも
タチが悪い。

カテゴリー:ブログ | コメント(0)