小さな鼓動を

自分の鼓動で包むようにして育てた。

錆びた刃で

胸を引き裂くような思いで手放した

小さな鼓動のほむらが

どうかどこか優しい場所で

灯りつづけていますよう。

カテゴリー:ブログ | コメント(0)