d6ded8f4.jpg
132e229d.jpg
7b1cdde0.jpg
14e2753f.jpg
今回は自分の作品と、若柳三十郎さんの作品、二つを踊らせていただきました。

私の『夏草の詩~太陽に焦がれて~』は
身体を使って何かを表現する、という
舞踊家としての最も基本的な部分に立ち返りたくて創った作品でした。
とにかく身体を使って使って、ヒネリなしのド直球、みたいな作品を創りたくなり
そういう狙いで創ってみた、という意味で
自分にとっては思い出深い、大切な作品の一つになっていくのではないかな、と思っています。
とは言え、終わってみればあいも変わらず反省点の山で
舞台稽古で気持ちが燃え尽きたようになってしまい、本番ではイマイチ気持ちのエンジンがかかりにくく、低速発進になってしまいました。
よくアスリートが絶好調のピークを試合当日に持ってくるのに苦労する、と聞きますが
私も舞踊家としての技術的な未熟さもさることながら
感情のコントロールや気持ちのピーキングについても改めてまだまだだなぁ、と痛切に感じました。

三十郎さんの『いつもと同じ』では
主人公の女性役で三十郎さんと共演させていただきました。
半分以上が芝居の作品で
微妙な目線一つにも深い思い入れがないとできないような役でしたが
役にトリッブしていく時の、危うさとスレスレの愉悦感、みたいなものをよりクリアに味わえたような気がします。

ところで余談ですが
私の友人が、初めて創作自由市場を観るという会社の同僚の方を連れてきてくれたのですが
その同僚の方が
『いつもと同じ』で踊った人と、『夏草の詩』を踊った人が
同じ名前であるにもかかわらず
しかも終演後実際にお会いして、目の前でお話しさせていただいているにもかかわらず
「同一人物だ」ということがなかなか理解できないご様子だったのには、笑ってしまいました。
ワンレンロングストレートにお洋服と、
髪を一つに縛った片身変わりのお着物では
イメージが違いすぎたかな?

ということでご来場くださった皆様、またお世話になったスタッフ・関係者の皆様、本当にありがとうございましたっっ!!

カテゴリー:ブログ | コメント(0)