一日に何度も

君の名前を呼ぶ。

音符のようなその響きが

君をとりまく空気に溶けて

やさしい色で描かれた春の公園の絵のように

君の回りが

ぽうっと淡く

輝きだす。

カテゴリー:ブログ | コメント(0)