映画の翻訳・通訳の第一人者・戸田奈津子氏がご自身のインタビューで
「お客様の意識が字幕にいって考えてしまうようなら、その字幕は良くないってこと。良い字幕(翻訳)なら、お客様は画面の字幕を意識することなく、すーっと台詞が入っていく」と言っておられた。

なるほどな、と思う。

理屈や意味をグダグダ考えることなど忘れて
ただただひたすらにああ素敵だな、と思える踊りに出会った時ほど
幸せなことはない。

【眉間にシワをよせて『読んで』いる字幕】のような踊りを踊ってるようじゃ、またまだ未熟ということだろう。
なんとも耳が痛い(>_<)。 もっともっと
心と身体を研ぎ澄まして。
やわらかく。
どこにでも、何にでも。
翔んで。
楽しんで。
自由に。

理想はふくらむのだが・・。

カテゴリー:ブログ | コメント(2)