e3a2d8ae.jpg忙しぶってすっかり更新がご無沙汰、
しかもなんだか刺激的なタイトル・・。

さて、このブログでも何度も書いたが
我が家の王様・ハチは「かぎりなく犬に近い猫」「家庭内ストーカー」などなどの異名を持つ
およそ猫っぽくない、積極的甘えん坊系の猫なのだが
そんなハチが、例えば(何を見ているのかわからないが)ほーっと窓の外を眺めている時や
ファックスやパソコンの上ででかい体をのびのびと解放し、こちらに背を向けてコロコロしている時
私はよく「あ~、ハチったら今日もますます可愛い~」と思うあまり
ハチの背中やら後頭部やら尻尾やらにやたらとキズ(^3^)/をしてしまう。
なにやら相変わらず飼い主バカ全開のドン引き話だが
そんな時、ハチはよく
「チッ、うざい飼い主・・」とでも言いたげにスルリと逃げたりすることもなく
また「やめてよー!」とばかりに猫パンチをお見舞してくることもなく
逆にゴロゴロと喉を鳴らして甘えてくることもせずに
私の「ハチ~、可愛い~可愛い~」の気持ちがおさまるまで
チラリといちべつをくれたのち、じーっとしたまま好きにさせてくれていることがある。
勝手にキスをしまくる激甘体質系&孤高の動物の猫にとってはかなりうっとーしー系飼い主に対して
積極的に拒否することも、積極的に受け入れることもせず
「そんなにボクのことが可愛いなら、気がすむまで勝手にやってればぁ~」程度のスタンスで
(ヤツにとっては迷惑であろう)しつこいキスを好きなだけさせてくれている・・
甘えん坊のハチも、ワガママなハチも大好きだが
私はそういう時のハチも実はかなりツボだったりする。
ハチを飼っているためか、私はよく《ネコ派》と思われるのだが
実は究極の選択をするなら私は間違いなく《イヌ派》。
が、ハチの「キスしたいんだったら勝手にしてればぁ~」系のスタンスに触れた時
なんとなく《絶対的ネコ派》の気持ちがわからなくもないなぁ~、などと思ったりする。
まあ、基本イヌもネコも、どっちも死ぬほど好きなんですけどね・・。

カテゴリー:ブログ | コメント(4)