昨日は浅草寺内の浅草神社で、お流儀の焼扇供養でした。
日本舞踊家にとっての魂である扇。
残念ながらくたびれてしまってもう使えなくなった扇を持ち寄り
感謝を込めておたきあげしていただきました。
4月8日はお釈迦様のお誕生日、つまり花祭りでもあり
境内は大変な賑わいでした。
そして今日は母の命日。
20年以上前の今日、桜満開の春の日に母は旅立ちました。
春霞に街が煙る今時分は
何かに別れを告げる(告げた)季節だな、といつも思います。
少しだけ暖かくなる頃は
少しだけせつなさを感じる区切り、というイメージです。
5b41b879.jpg

カテゴリー:ブログ | コメント(0)