ブログ

解説。

プロスキーヤーの三浦豪太氏は
ソチオリンピックで「詳しすぎる解説」として話題になった。
確かに「よくぞそこまで取材を・・」というくらい、各選手の細かい情報を伝えてくれていて
おかげでそれぞれの選手のヒトとナリをそれなりに知ることが出来
私自身あまり興味のなかった雪上競技も、いつの間にかなんとなく見るようになっていた。

解説と言えばマラソンの増田明美さんが浮かんでくる。
彼女の解説には、いつもどこかにランナーへの愛みたいなものが感じられて
聞いていてなんとなくほっこりするものだったように思う。

前述の三浦氏も同様で
その競技そのものと選手に対して、深い愛情とあたたかいまなざしを注いでいる姿勢がうかがわれて
やはり心地のいいものだった。

さて、大好きなフィギュアスケート。
フィギュアにおいても、もちろん皆愛溢れる素敵な解説者ばかりではあるのだが・・。
フィギュアは言わずと知れた「採点方式の競技」で
「より速く・より高く・より強く」の記録のみが勝敗を決めるのではなく
いわゆる「芸術点」に相当する部分が成績に大きく関わってくる。
ということはつまりフィギュアは「競技」であると同時に「芸術」でもあるのだろう(愛すべきフィギュアスケーター・町田くんの言葉ではないが・・)。
フィギュアスケートにおける勝負の、やっかいなところであり、楽しいところでもあるように思う。
そんなフィギュアスケートの中継で
ジャンプやスビン、ステップの出来・不出来や、加点・減点の理由
中継では伝わりにくいスケートそのもののスピードやテクニックの正確さなど
技術についてのわかりやすい解説が入るのは、私のようなフィギュアド素人のファンにとっては誠にありかたいかぎりなのだが
たまに
そのプログラムがいかにドラマチックで感動的であるか、などを
豊富なボキャブラリーを使ってやたらと饒舌に説明したり
「今しゃべらないでー!」と言いたくなるような、曲のもっとも劇的な部分で
ダラダラと(失礼m(__)m!)話し続けている解説者やアナウンサーがいて
いささか(いや、かなり)イライラしてしまう。
映画や舞台を観ている時
隣でぐちゃぐちゃ解説をされたらたまったものではないだろう。
フィギュアスケートは確かに「競技」ではあるか
ド素人のファンにしてみれば、映画の一作品を観ているような気分も多分にある。
ワガママな希望のようだが
技術的・専門的な解説はともかく
感性で「感じて」観る部分については
観る側に任せてもらえないかな~と思う。
そのギャグの何がどうして面白いかを解説されてはギャグとしての意味がないように
フィギュアスケートの芸術性を
のちに評論・感想として語るのならともかく
演じている最中に、平行して「言葉で」伝えられてはたまらない。
テレビでは副音声で解説を消せるが、録画ではそうもいかない。
そして「何度でも観たいほど好きなプログラム」だからこそ録画をしているのであって
つまり好きであればあるほど「永久保存版」になり
「永久保存版」=「録画」=消せない解説付き、ということになり
なんとも残念な気がしてならない。

カテゴリー:ブログ | コメント(0)

君は待っててくれるかな。

君は待っててくれるかな。

神様から許された「限定一名様」の待ち合わせリストに
ちゃんと私の名前を書いてくれるかな。

自分で作り上げた小さな迷路の真ん中で
ガラクタをしょったまま迷ってばかりいる憐れな私を
君はずっと
不思議な気持ちで見つめていたのだろうけど

君が待っててくれるなら
その時は
その時だけは
白に昇華された幸福の中を
泣きながら
まっすぐに
君の元に飛翔するから。

神様と町内会の君にとっては
「おつかいの帰り道」のような白い光が
私には眩しすぎて
少しだけ恐いけど

君が待っててくれるなら

君さえ待っててくれるなら

轟音鳴り響くような
永遠の静寂のような
縦に突き抜けたその真白のトンネルに
まごうことなく飛び込むから。

君は待っててくれるかな。

君の「たった一人の人」は

きっと

きっと

私でいてくれるかな。

カテゴリー:ブログ | コメント(0)

写真いろいろ・まとめて更新。

ひっさびっさの更新になってしまいました。

まずは【金曜赤坂座】無事終了。
終演後、残ってくださった皆様と。
1398574808290

錦会・於国立劇場大劇場。
錦吾先生がキリの番組《厳島》に出演されました。IMG00188

ロビーで。弟子の翠優美さんと。
IMG00184

楽屋で。随分お姉さんになった錦吾先生のお孫ちゃん・Hちゃん。
IMG00183

久々ハチとの2ショット。
IMGP1583

IMGP1564

お知らせ。
明日の【MOZU シーズン1~百舌の叫ぶ夜】に、翠優美さんと弟子のYさんがちょろっとたけ出ています。
観てやってくださいね。

カテゴリー:ブログ | コメント(2)

春の日。

昨日は浅草寺内の浅草神社で、お流儀の焼扇供養でした。
日本舞踊家にとっての魂である扇。
残念ながらくたびれてしまってもう使えなくなった扇を持ち寄り
感謝を込めておたきあげしていただきました。
4月8日はお釈迦様のお誕生日、つまり花祭りでもあり
境内は大変な賑わいでした。
そして今日は母の命日。
20年以上前の今日、桜満開の春の日に母は旅立ちました。
春霞に街が煙る今時分は
何かに別れを告げる(告げた)季節だな、といつも思います。
少しだけ暖かくなる頃は
少しだけせつなさを感じる区切り、というイメージです。
5b41b879.jpg

カテゴリー:ブログ | コメント(0)

世界フィギュアエキシビション!!

世界フィギュアエキシビションを観に、さいたまスーパーアリーナに行ってきました!!

途中入場だったので
残念ながら今季で引退する鈴木明子選手の演技には間に合わず見逃したのですが
町田君のエキシビションはしっかり拝見できました\(^o^)/!
が、お目当ての選手のパフォーマンスにかぎらず
なにもかも、とにかくその空間に存在するもの、空気、思い、すべてがあまりにあまりに息をのむほど美しく、迫力があり
わきあがってくる幸福感みたいなものでなんだか泣きそうでした。
「私、今すっごく幸せかも~」と思わせてくれた贅沢な2時間。
S先生、Yさん、ありがとうございましたー\(^o^)/\(^o^)/!!

カテゴリー:ブログ | コメント(0)

TBS 木曜夜9時!!

この4月から毎週木曜日夜9時からTBSで放映されるドラマ《MOZU シーズン1~百舌の叫ぶ夜~》。
私は今回はスポット的ではありますが
所作指導と振付を担当させていただきました。
最高のキャストと最高の監督・スタッフ(私はともかく)によるドラマ《MOZU シーズン1~百舌の叫ぶ夜~》。
ぜひぜひご覧ください!!

《MOZU シーズン1~百舌の叫ぶ夜~》公式ホームページはこちら。
http://www.wowow.co.jp/drama/mozu_wowow/?ad_id=gsp0000004424&gclid=CPnnm_DhqL0CFQEDvAodwqEAGA

カテゴリー:ブログ | コメント(0)

エディ君からお手紙。

某地で療養中のエディ君から
お手紙と可愛いプレゼントが届きました。
エディ君は、弟子のYさんお勤めの着物染色工房《アトリエ・翔》所属(?)のダックスフント♂。
体調が今一なため、昨年末から暖かいところで療養していたのですが
どうやらその療養が効をそうしたようで
「ちょっとだけ大きくなった」上に、タマちゃんというお友だちまでできたそうな。
よかった、よかった\(^o^)/。
エディ君、いっぱいご飯食べて、いっぱいひなたぼっこして、もっともっと元気になるんだよー\(^o^)/\(^o^)/!!

IMG00964

エディ君の渋谷のお友だち・ハチもお手紙拝読(?)。

IMG00962

カテゴリー:ブログ | コメント(0)

今年の「金曜赤坂座」。

今年も日本舞踊ダンサーズネットワークによよる日本舞踊定期公演・金曜赤坂座を開催します!!
私は4月に「梅の春」を、10月に「娘道成寺」を踊ります。
IMG00934

以前知り合いにいただいた、梅の木が描かれた着物。
IMG00944

普段着るにはちょっと図柄が大胆すぎて気がひけたのですが
「梅の春」を自前の着物で踊る時にはいいかもしれないなぁと思って、ずっと箪笥の中で休んでいてもらったもの。
やっと出番が回ってきました。
写真特出・ハチ。

カテゴリー:ブログ | コメント(2)
ラッシュにさしかかった頃の電車に乗り
たまたま空いた座席に座ったところ
あとから上司♂と部下♀とおぼしきカップルが乗り込んできた。
二人は私の前に立つと(というか満員の乗客に私の前まで押されてきた)
荷物をすべて網棚に載せ
その上で
上司は新聞を、部下はパソコンを手に取った。
そして二人ともつり革につかまらないまま
上司はその新聞をフルに広げ
部下は片手でパソコンのボディを抱え込み、片手でキーボードをいじりだした。
混み合った電車内で新聞をフルオープンにするのは、女性が電車でフルメイクをするくらい眉をひそめられることだろうが
それよりもなによりも
部下の女性が広げたパソコンのカバー(画面)の端は私の顔10センチくらいのところをユラユラしていて
ハイヒールを履いた彼女が電車の揺れに耐えきれずよろけた時は
私は間違いなく堅いパソコンの餌食になりそうで気が気でなかった。
それほどまでに一刻を争う仕事でもしているのかというと、どうやらそうでもないらしく、
彼女はパソコンの画面にさしたる興味もなさそうに、時々車窓に目をやったりしながら
キーボードはまさに「よそ見をしたまま手持ちぶさたでいじっている」という状態だった。
隣の上司はと言えば
回りのサラリーマン風の客達の迷惑そうな視線もいっさい感じとることなく新聞を読み続け
さらに
おそらく仕事にはまったく関係ないだろう(?)記事を、パソコンを広げたまま所在なげな部下に見せ
あたりに聞こえよがしの大きな声で
その記事についてのうんちくらしきものまで語り始めた。
 
この上司にして、この部下あり、だ。
 
その後パソコンで顔面負傷させられるのが恐くなった私は さっさと電車を降りたのだが  
よほど特殊な職種でもないかぎり
どう見積もったところで仕事ができそうにもない二人に私には思えた。
 
 
 
 
 
 


カテゴリー:ブログ | コメント(2)

飼い主バカ、再び。

パソコンで事務仕事をしている最中、電話が入り、しばしパソコンの前を離れた。
戻ってきたら、我が家の破壊王・ハチがいつの間にかキーボードの上にドッカリ腰をおろしていた。
逆ギレされない程度に文句を言いながらどいていただいたところ
案の定画面はわけのわからないところにとんでいた。

IMG00919

が、なんとっっ!!
ハチがあるキーの上に足をのせ続けて座っていたためか
画面上部に同じアルファベットがズラララララ~と並んでいたのだが
よく見ると
そのアルファベットは《h》!!

IMG00925

きゃー\(^o^)/\(^o^)/!!
ハチ、ちゃんと自分の頭文字を打つなんて、なんておりこうさんっっ\(^o^)/\(^o^)/!!
画面をメチャメチャにされたことなどきれいさっはり忘れて誉めまくってしまった。

飼い主のしつけとしてはいかがなものか、とも思うが・・(^_^;)。

カテゴリー:ブログ | コメント(0)

気になる。

口うるさいオバサン化しているのか
最近のドラマ等で使われている敬語の間違いが気になって仕方ない。
気になるなら見なきゃいいだけの話なのだが。

好きなドラマや、ちょっと面白そうなドラマだな、と思ったものを録画し
だーいぶ日にちがたってから「やっと時間ができた!」とばかりに楽しみに観るのだが
日本語にうるさい、とか、おもてなしのプロ、とかの役柄に設定された登場人物が
「おっしゃられる」だの「お帰りになられる」だの「お話になられる」だの
間違った(とまでは言わないが、いわゆる二重敬語で、現代においてはあまりに仰々しく全く場にそぐわない)敬語をバンバン使っていて
もちろん演じている俳優さんの責任ではないのだが
なんだか一気にその役柄がうすっぺらく見えてしまって
あまりにそんなセリフが多いと
もう楽しみにしていたドラマそれ自体、観る気が失せてしまう。

また、敬語ではないが「○○できない」の婉曲表現である「○○しかねる」に関して
ある時代劇で
主君に無理な要求をつきつけられた家来が「納得できない、従うことはできない!!」と命がけ(?)で叫ぶ、というシーンで言った決めゼリフが
「承服しかねません!!」。
ここまでくると、もう意味不明の域になる。

もちろんリアルに現実の生活を考えた場合
言葉の言い間違いや使い間違いはたくさんある。
私などとんちんかんな日本語ばかり吐いている気がする。
それでもさしたるトラブルもなく一応人様との意思の疎通はできているように思う。
だからそんな私のような、どこにでもいる日本語にアバウトな普通の登場人物の設定で
よりリアルに見せよう、というねらいであえて使わせているセリフなら気にならないのたが
例えば「おもてなしのプロ」という設定の登場人物が
《何度も》《あたりまえのように》「おっしゃられました」を連呼するとなると
それはその敬語が正しいと納得して使っていることになる。
おもてなしのプロ、つまり正しく美しい日本語を適時的確に話せるであろう人物、という設定が、すんなり腑に落ちてこない。
どこかで「なんだかなー・・」という冷めた見方になってしまう。

まぁ

とは言え

精進が足りず
踊りの中の様々な登場人物も未だうまく踊り分けることができない私に言えたギりではないのだが・・(^_^;)。


カテゴリー:ブログ | コメント(6)

実は以外に。

私はスポーツ観戦が好きで
テレビ中継で観る時にはとにかくライブにこだわる。
だから時差がある外国開催の中継は
当然のことながら睡眠時間をけずりながら観ることになるので
たいてい閉会式あたりにはゲッソリしていることが多い。
そこまでライブにこだわり
結果ありきの録画はつまらない!と言い張っていたのに
ソチ五輪の男子フィギュアはもう胸が苦しくて
とてもじゃないがライブで観ることなどできなかった。
もちろん自分の舞台本番前、ということで自粛したのがメインの理由だが
実はそれ以外にも理由があって
私は何年か前クイーンの曲で滑る町田選手のエキジビションを観て以来すっかり彼にはまり
女子の鈴木明子選手同様、身内のようなテンションで町田選手を応援しているので
何かの大会のたびに「なんとかメダルを取らせてあげたいぃぃぃ!!」という思いが強すぎて
もう純粋に単純にライブのスポーツを『楽しむ』ことができなくなっているのだ。
ジャンプのたびに胸がドキドキして目をぎゅうぅぅと閉じてしまうし
素晴らしいパフォーマンスができた時には狂喜乱舞なのだが
イマイチの時には胸が苦しくてマジ域で落ち込んでしまう。
なので今回のショートのライブ中継は町田選手が演技する前にさっさと寝てしまった。
が、フリーの日はさっさと寝たもののやはり気になって気になって
本番が終了していたこともあって、『さっき中継が終わったばかり』というような早朝に目が覚めてしまい
即携帯で結果を確かめてから録画を観た。
そして
最初の4回転さえいつもどおりに飛べていたら銅メダルに届いただろうに、と思うと悔しくて悔しくて
「あー、町田君(←すでに馴れ馴れしく〈君〉呼ばわり)、残念だったろうなー、取らせてあげたかったなー。」と
ガッツリザックリ落ち込んでしまった・・。

以前も書いたが
私はスポーツ好きではあっても、特定の選手のファンになったことはなく
ここまで熱心に応援するのは鈴木選手と町田選手が初めて。
そして勝敗のあるスポーツにおいて特定の選手を応援する、というのは
こんなにも疲れることなのか、と実感した。
勝ったら勝ったで嬉しくてしょうがないし、負けたら負けたで落ち込みようがハンパない。
もう楽しむ、という次元からは程遠くなっている・・。

さてこれから女子。
鈴木選手が登場してくるが、やはり先に結果を知ってから観ることになりそうだ。
それにしてもスポーツ好きを宣言しているわりには
贔屓の選手のパフォーマンスをライブで観ることすらできないとは
私も以外に度胸(?)がない、と思う今日この頃。


カテゴリー:ブログ | コメント(2)

雪の中、本番。

大雪の中、協会公演本番無事終了しました、
悪天候にもかかわらずおいでくださった皆様、本当に本当にありがとうございました!!
NHK収録が入りましたので、いずれ『日本の芸能』という番組で放映もされます。
ぜひご覧ください。IMG00865

IMG00879

カテゴリー:ブログ | コメント(0)

謝らない。

クオカードを大量に買いに、クオカード専門店に行った。
二枚ずつセットできる台紙がないかなーと思い、その旨尋ねてみた。
「二枚ずつセットできる台紙みたいなものはありませんか?有料でもかまいませんので」
すると店員さんは即答で「あー、二枚ずつのはないんですよねー」と言う。
なのであきらめて一枚ずつの台紙を用意してもらうことにした。
店員さんは用意してくれながら「雪、すごかったですねー」と話しかけてくる。
私は「そうですねー」などと相槌をうちながら、クオカード一覧(値段もデザインも豊富なんですね)をパラパラとめくっていた。
するとその中に台紙のモデルの一覧もあり、よく見ると二枚ずつセットできる台紙もしっかり載っている。
私は「あの、この台紙の取り扱いはないんですか?」と再び聞いてみた。
店員さんは「あれー?」と一声あげると奥の事務所に消えていき
しばらくするとまったく悪びれた様子もなく「ありましたよー」と言いながら台紙を手に戻ってきた。
そして結局彼女のその「何事もなかったかのように悪びれない」対応は
私が精算を済ませて店を出るまで変わることはなかった。
ささいなこと、と言えばささいなことなのだが
少なくともその店員さんは
『初めて来店した客でも容易に知ることができる程度の情報・知識、ということは専門店の店員として当然知っておくべきレベルの情報を知らなかった』
さらに『客から聞かれたその情報・知識について確認をする、という努力と手間隙を怠り』
結果『客に間違った情報を与えてしまった』のだから
「申し訳ありませんでした」「失礼しました」の一言があってもいいのではないか、と思う。
結果当初の目当てのものは手に入ったのだからいい、と言えばいいのたが
『結果が変わらないのだからいい』とか『ささいなことだからいい』とか
自分にとっての事の影響を判断するのは客側の問題であって
客がその事を気にせずスルーしようが、逆に大騒ぎしようが
商品を取り扱う側のプロの気構えとして、まずは詫びの言葉が出てくるものではないか。
今どきはやらない、重箱の隅をつつくような話、とは思うが
なんだかとても気分の悪い買い物だった。

自分の仕事に責任とプライドを持つって大事だなー、などと
大げさなことまで考えてしまった。

カテゴリー:ブログ | コメント(2)

第3回「おどりの寺子屋」始動!

8月17日に国立劇場大劇場で開催される城南ブロック舞踊会に
「おどりの寺子屋」の子ども達が出演します。
なんと今回は昼公演・夜公演両方に出演決定!
今回もびっくりするくらいたくさんの応募があり
本当は応募してきてくれた子ども達全員に出演してもらいたいのですが
そうもいかず、先日厳正な出演抽選を行い
今日はその発表・通知の日。
抽選でみごと出演権をゲットできた子には
「本当によかったねー\(^o^)/!これから半年間頑張ってお稽古しようねー(^○^)!」という思いを込めて
残念ながら出演権を逃してしまった子には
「ごめんね、ごめんね、せっかく応募してくれたのに、残念だったね。でもこれからも日本舞踊に興味を持ってくれるとうれしいなー。」という気持ちで
通知のファックスをさせていただきました。
今月末から始まる怒涛の半年間。
今回はどんな子ども達と会えるかな。
楽しみです\(^o^)/。

カテゴリー:ブログ | コメント(0)

しつこい風邪。

日本舞踊協会公演の稽古が始まり
お流儀の新年総会・懇親会が終わり
続けてお流儀の講習会が終わり
バタバタとスケジュールをこなしているのですが
その間風邪をひきっばなし。
半日でも休みが入ると狙っていたように具合が悪化して寝込んでしまい
完全に治りきる暇もなく翌日また出かける、という日々。
早めに医者に行き、薬もいただいているのですが、なかなか劇的な効き目もなく・・。
疲れがたまっているのと、稽古場でも風邪が流行っているため、とも思いますが
とにかくあまりに治らず、しつこすぎて閉口します。

皆様もご自愛あれ。


カテゴリー:ブログ | コメント(2)

収録日。

ドラマ収録日。
この回は振付を担当しました。

この4月から放映スタート。
詳細はまたいずれ\(^o^)/。


カテゴリー:ブログ | コメント(0)

「なんか降ります」。

出かける準備をしながらTBSの天気予報を聴いていた。
で、おもわず吹き出した気象予報士の(半ばヤケクソの?)一言。
「えー、今日は夕方からかなり寒くなりますので、なんか(何か)降ります!」。
気温などの諸条件によって、雨になるか、霙になるか、あるいは雪か、という意味なのだろうが
気象予報士が「なんか降ります」って・・。
アバウトな言いまわしにおもわず笑ってしまった(^○^)(^○^)。


カテゴリー:ブログ | コメント(0)

メイクのHさん。

ドラマの仕事でご一緒させていただいているメイクのH さんが
22日の収録に備えて、うちに打ち合わせに寄ってくださいました。
ネコ好きのHさんはハチのことを「イケメン」と呼んで可愛がってくれて
ハチもそんなHさんが大好きらしく
めずらしくお腹をだしたまま(ハチは私と二人だけの時以外はお腹をだすのを嫌がるのですが・・)写真におさまっいゃいました\(^o^)/。
IMG00759

カテゴリー:ブログ | コメント(0)

協会公演。

2月14日・15日・16日と、国立劇場大劇場で日本舞踊協会本公演が開催されます。
私は初日14日キリの演目「曽我まつり」に芸者の役で出演させていただきます。

皆様、ぜひご来場くださいませ!
IMG00729

カテゴリー:ブログ | コメント(0)

割烹「もり山」。

某大手企業にお勤めだったK さん、
ある日突然割烹をオープンし女将になる、という、テレビドラマ顔負けの華麗なる大転身を遂げてました\(^o^)/。
日本酒も料理も美味しいK さんのお店はこちらのブログから。
↓↓↓↓
http://skmoriyama.blog.fc2.com/
IMG00717

カテゴリー:ブログ | コメント(2)

今年はオカカで。

ちょっと遅めの稽古始め。
帰省していた弟子達から楽しいおみやげをいただきました。
写真左の鰹節は、寺島嬢改め翠優美さんからハチへの付け届け(!?)。
昨年はハチからいわれなき理不尽な迫害を受け続けた翠優美さん、今年はハチを「物で釣って」仲良くなる計画だそう。
ハチ、大好物のオカカ、わざわざゆうみちゃんが買ってきてくれたよー、枕崎産だよー、ちょっとだけでも優しくしてあげてねー(^○^)。
1389100687578

IMG00713

カテゴリー:ブログ | コメント(2)

謹賀新年。

明けましておめでとうございます(^○^)!!
今年もハチともどもよろしくお願いいたします。
実り多い一年になりますよう。
42

カテゴリー:ブログ | コメント(0)

晦日。

ドラマ収録の打ち合わせで今年の仕事も終了。
思えば今年はドラマに始まりドラマに終わった年でした。

すべての出逢いに感謝。

来年もハチともども元気で過ごせますよう。
皆様もどうぞよいお年をお迎えください(^○^)!!

カテゴリー:ブログ | コメント(0)