気象庁が桜の開花予測を見誤ったとの会見があった。
前年九月以降の正時の気温をデータとして予測をするらしいのだが
そのデータそのものに間違いがあったとのこと。
桜の開花時期に合わせてイベントを組んでいたホテルなどの
困惑したインタビューが流れていた。
とは言え内容が内容だけに誤った、といっても
そんな誤りが話題になること自体
〈あーもう春なんだなぁ・・〉というホンワカした後味が残るくらいで
あまり気にもかからなかったが(この誤りで被害を被った方達には申し訳ないが)。

桜の話はともかく
最近のニュース番組を見ていると
〈先程お伝えしたニュースの中で○○というのは◎◎の誤りでした。お詫びして訂正いたします。〉というアナウンスをやたらと耳にする。
ニュースの命は〈正確に、迅速に〉ではないのか。
昨日の、さらにまちがった情報など
もはやニュースとは呼べない。
人のやることなんだからもちろん間違いはある(私など間違いだらけだ)とは思うのだが
それにしても最近この〈お詫びして訂正いたします。〉が多すぎないか。
昭和生まれの私は
〈やっぱNHKのニュースが一番信頼できる。〉と思い込んでいるところがあるのだが
そのNHKですら〈お詫びして訂正〉づいている。
昔からそうだったかなぁ・・、
こんなに〈お詫びして訂正〉オンパレードだったかなぁ・・と思う今日この頃。

ところで舞台
は〈お詫びして訂正〉ができない。
できたらどんなにいいだろう、と思うことはたびたびあるが。
同じ舞台は二度とない。
産まれた瞬間から消えていく、刹那的なものだ。
だからこその美しさがあり、きらめきがある。
そして舞台に立つ方の身としてはそんな舞台がいとおしくもあり
恐くもある。

カテゴリー:ブログ | コメント(3)