お流儀の講習会。
今日は久々にとびきりの残暑でとにかく暑い。
講習会といえども舞台の上は照明があたっているためますます暑い。
こうして汗をかき
肌襦袢を着替えてもまた汗をかき
風邪の完治はいつのことやら・・。
ところで〈風邪をひいたまま仕事をしているタクシードライバーは傷害罪だ!〉と言い放った知人がいる。
極論だとは思うが
確かに狭い密室に不特定多数の乗客を迎え入れる仕事で
人様にうつす病気をかかえているというのはいかがなものか、とは思う。
以前も書いたが私など風邪がこじれて救急車さわぎ、というパターンが一度や二度ではないから
やはりそんなタクシーには乗りたくないと思う。
が、一方でうつされるほうの自己管理にも問題があるわけで
風邪をひいて具合が悪い時のつらさというのもいやというほど理解できるし
同情のひとつもしたくなるというものだ。
要はお互いの自覚の問題ということだろう。
風邪をひいてしまった方は
人前でつらさをアピールするより
一刻も早く治す最大限の努力をすべきであり
そのまわりにいる方は
はからずも風邪をひいてしまった当人をいたわる気持ちと
さらに風邪をうつされないための自己管理を徹底させる。
知人が乗り合わせたタクシードライバーは
例えばやむにやまれぬ事情で
どうしても仕事を休むわけにいかず
風邪をひいているにもかかわらず
密室にお客様を迎え入れている申し訳なさ、みたいなものでも感じられれば
またちがった言葉も言えたのだろうが
マスクもせず狭い車の中で当たり前のようにゲホゲホやられたそうで
うつされた方が寝込んで仕事にいけなくなったらどうする気だ、と
〈傷害罪だ!〉というまったくもって思いやりのない一言が口をついて出たということだ。
理解できなくもない話だ。
・・などなどつらつら考えている暇があったら
私もとっとと完治させなきゃー。
誰かにうつしでもしたら大変だ・・。

カテゴリー:ブログ | コメント(1)