63753151.jpgはずかしながら
我が家のテレビはいまだにブラウン管を使用した奥行きの深いタイプだ。
この2、3ヶ月
そのテレビのご機嫌が極めて悪く
これを機に液晶に、とも考えたが
まだ買ってから3年ほどしかたってないことと
(我が家のつましい台所事情もあって?)保証期間内ではないにせよ使用年月が短いことを考慮して
文字通りリーズナブルプライスで修理してくれる、ということなので
お願いすることにした。

はじめて見た!テレビのお腹の中。
ナントカっていう部品を手際よく取り替えて
30分程で修理終了。
見事鮮やかな画面が復活した。
私は《かたづけ魔》が高じて《捨て魔》の異名を持つ程(?)
バッサバッサと男らしい(?)整理の仕方をするタイプなのだが
調子の悪かったテレビが快調に映り出すと
物だって
病が癒えて元気になる姿はいいものなんだな~と
少し見切り発車気味におかたづけをしてきたことを反省。
テレビは普通に見る以外に
大好きな映画やドラマのDVD鑑賞でもお世話になってるし
何より仕事関係のビデオやDVDを見るのに酷使している。
ねぎらってやってやらねばね

カテゴリー:ブログ | コメント(0)