こういう時には

必ずういうふうに考える、という

自分の思考パターンというのがある。

私はそれを《心ぐせ》と呼んでいるが

自分で嫌になる心ぐせ、
または気が付いていなかったがよくよく振り返って分析してみると

決してベクトルがプラスに向いてない心ぐせ、というのが私にはあって

ここ最近その心ぐせを克服しようと

徹底して自分の思考パターンを意識している。

そして

意識的に《こうであろう》としているうちに

だんだんその《こうでありたい》自分の居場所みたいなものが

心の中で確立しつつあるのを実感している。

快感、と言ってもいいこの感覚は

子供の頃

無意識に《そうであった》自分に
何十年ぶりかに再会した感動のようにも思う。

私が私として生きるのはあと何年だろう、とふと考える。
サマツな日常の在り方の部分はともかく

自己のもっともコアな部分で

自分を受け入れられないまま生きていくのは

なんともつまらない。

以外に思われるかもしれないが

私にとってなにより難しいのが

この根幹の部分での自己容認。

その難関に挑むべく
たぶん確実にそこに続くであろう自らの心の小さな変革を

ミッションを遂行する快感を味わいながら

日々心がけている。

カテゴリー:ブログ | コメント(0)