決して安くはないお蕎麦屋さんに入った。

向かいの席のお客様のところに店員さんが注文の品を運んできて
テーブルに置こうとした時
手が滑ったのか
お盆ごとひっくり返してしまった。
店員さんは『大丈夫でしたか!?』『ただいまオシボリをお持ちします!!』と
テキバキと事後処理を行って
それ自体はたいそう感じがよかったのだが
なんとなく私には違和感があった。

その店員さんは
対応が丁寧・迅速だったわりには
うっかりなのか、あえてなのかはわからないが
最後まで『申し訳ありません』とか『失礼しました』とかの謝罪の言葉を口にしなかった。

形だけ・口先だけの謝罪はいただけないが
何か非礼や粗相をしてしまった時は
とにもかくにも即座に、また素直に詫びる、というのが礼儀ではないかと、最近口うるさいおばさん化している私としては思う。

誠意ある具体的な対応はもちろん何より大事だが
せめて対応し終わった時にでも
『ごめんなさい』の一言が欲しかったなぁ、と
他人事ながら思った。

たかが言葉、されど言葉。
『ありがとう』と『ごめんなさい』が言えない人間は
やっぱりいかがなものかなぁと
自戒をこめつつ思いながら
ちょっと高めの勘定を払って店を出た。

カテゴリー:ブログ | コメント(0)