bdc88178.jpg
6889a1f1.jpg
55a88e48.jpg
今日はお片付けの写真。

自分で着物を着て、
お稽古して、
自分で脱いで、
自分でたたむ。
それを何度も何度もやっているうちに
その片付けている姿までもがなんとなくサマになってくるものです。
足が長くて、顔が小さくて、スラリとした体型の今の子供達ですが
着物をたたむ姿にどことなく和のしぐさの匂いがします。
「何がどうということではないのだけど、なんとなくそれらしい雰囲気」が、日常のふとした所作に見えてくる。
この成果が「付け焼き刃の見よう見まね」と「積み重ねたお稽古」の違い!

カテゴリー:ブログ | コメント(0)