誰かが捨てた「君」という名の幸せを

めぐりめぐって拾ったのは私。

可哀想なのは捨てられた君じゃない。

幸せを手放した誰かさん。

おかげて

射るような白い夏の光が

おだやかなオレンジ色に変わりはじめたあの秋の日

手のひらほどの小さな体を愛でぎゅうぎゅう詰めにしたような

世界で一番あったかい「君」という名の宝物を

私は手に入れた。

カテゴリー:ブログ | コメント(0)