君は待っててくれるかな。

神様から許された「限定一名様」の待ち合わせリストに
ちゃんと私の名前を書いてくれるかな。

自分で作り上げた小さな迷路の真ん中で
ガラクタをしょったまま迷ってばかりいる憐れな私を
君はずっと
不思議な気持ちで見つめていたのだろうけど

君が待っててくれるなら
その時は
その時だけは
白に昇華された幸福の中を
泣きながら
まっすぐに
君の元に飛翔するから。

神様と町内会の君にとっては
「おつかいの帰り道」のような白い光が
私には眩しすぎて
少しだけ恐いけど

君が待っててくれるなら

君さえ待っててくれるなら

轟音鳴り響くような
永遠の静寂のような
縦に突き抜けたその真白のトンネルに
まごうことなく飛び込むから。

君は待っててくれるかな。

君の「たった一人の人」は

きっと

きっと

私でいてくれるかな。

カテゴリー:ブログ | コメント(0)