ゆらゆらと
波の間を
たよりなげに
漂う。

もしかして
このまま
岸に着くことはないのかしら、と
心の置きどころを
手さぐりする。

カテゴリー:ブログ | コメント(0)